Skip to content

dev blog #1

追放者諸君!

Conan Exilesの早期アクセスまで2か月あまりとなった。ワクワクするじゃないか。

今日からConan Exilesに関するメディアの公表を増やすことにした。今週の出し物は、ゲームの新しいスクリーンショットに加え、ローカライズの新情報とゲームの最新状況だ。今後もさまざまな発表や情報提供を楽しみにしていて欲しい。

新スクリーンショット

6月にプレアルファ版のゲームプレイトレイラーを初公開していらい、コミュニティからゲームのグラフィックに関して多数のフィードバックをもらっている。気に入ってくれた人も、そうでない人もいる。今後の開発でゲームのビジュアル面が変わるのか、どう変わる予定なのかと聞いてきた人もいる。

実際、この数か月間にConan Exilesは大きく変わった。グラフィックのリアリティやアートの方向性を変更し、環境に興味深い場所をいくつか追加した。ゲームの世界が生き生きと感じられるようになってきた。

この変更は、ソーシャルメディアでシェアした生き物のスクリーンショットにも反映されているが、今回は追放の地やそこに暮らす生き物をもっと見てもらおうと思う。ゲームのビジュアル面を一層完全なものにするよう努力する。皆が気に入ってくれることを心から願っている。

Anselテクノロジー

6月に、我々がNVIDIAと協調してConan Exilesに最先端のグラフィックスを導入するという発表をした。NVIDIAのAnselテクノロジーを利用すると、自由に動かせるゲーム内カメラを使って目を見張るようなスクリーンショットを撮ることができる。そればかりか、フィルターやクールな効果を加えることもできる。

[vrview img=”https://www.conanexiles.com/wp-content/uploads/sites/5/2016/11/conan_exiles_ansel360_1-2.jpg” ]

Anselはすでに、ウィッチャー3、Ark: Survival Evolved、ミラーズエッジ、The Witnessなどの素晴らしいスクリーンショットに使われている。それをConan Exilesにも導入して、ゲーム世界に入り込んだような驚くべき360度画像をキャプチャーした。VR(仮想現実)表示もできる。

ここをクリックしてブラウザーで見て欲しい。

ローカライズ

もう一つ、コミュニティからの要望が多かったものはローカライズだ。Conan Exilesを自分自身の言語でプレイできることを誰もが望んでいる。我々は、できるかぎり多くの言語をサポートするよう最善を尽くしてきた。Conan Exilesは、英語、ドイツ語、フランス語、スペイン語、ロシア語、ポーランド語、ブラジルポルトガル語、日本語、韓国語、中国語(簡体字)、中国語(繁体字)という11の言語に対応する。これを発表できることを誇りに思っている。

プロジェクトの状況

Conan Exilesは2017年1月の早期アクセスに向けて順調に進んでいる。この数か月間に更新したのはビジュアル面のみではない。生き物、道具や他のアイテム、背景の物語も増えている。炉や製革台などの生産用の器具を実装し、プレイヤーが生産する可能性を増やした。戦闘には大幅な変更を加えた。反応が速くなり、打撃が向上したと感じるはずだ。キャラクターの一部のアニメーションをモーションキャプチャーして作り直しもした。そのままでは十分な品質に達していないと判断したからだ。

物語性のある奴隷システムを実装し、これが期待通りに動き始めた。これは、同じジャンルに分類される他のゲームと一線を画すものだ。コミュニティがどう評価するか知りたくてたまらない。他にもいくつか、まだ秘密の切り札が残してある。

これからの2か月間、スクリーンショット、ゲームプレイビデオ、さまざまな発表などを順次公表する予定だ。毎週のコミュニティストリーミングやオンラインQ&Aセッションも続ける。

ではまた。
開発チーム

Subscribe for updates

Mutant Newsletter
Marketing permission: I consent to allow Funcom Oslo AS to email me news, updates and offers on occasion and understand each mail will contain unsubscribe information.
Posted in